消費者金融で金利が安いのは?

消費者金融から借りる際に一番思う事は「どこの消費者金融の金利が一番安いのか?」を考え比較する事だと思います。
しかし、消費者金融の金利を比較するにも、どう比較していいのかわからない方が多いと思います。
大半の方は消費者金融に記載されている適用金利を比較して借入先を決定しようと考えます。ですが、この適用金利は借りる人の金額や信用度によってご利用限度額が変わりそれによって適用される金利も変わってきます。

 

ご利用限度額とは、審査によって実際にご利用いただける融資可能額のことです。
ご利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用が可能。
※ご返済の遅れや他社のお借入の増加などによってご利用できない場合や最低月一回のご利用額に応じた返済が必要となる会社もあります。

 

ご利用限度額が50万円位までの人であれば、適用される金利はその消費者金融会社の上限金利となる可能性が高いです。その上限金利は実質年率18.0%位になります。逆にご利用限度額が100万円以上であるのなら上限金利は低くなっていきます。

 

以上のように、金利は借入をする人の信用度合であり消費者金融会社のリスク度合でもあります。ですから、借入した取引後の返済状況や取引年数によって信用度は変化していき、信用度が上がればご利用限度額もそれに比例して増やす事が可能となり金利が今よりも引き下がる(安い)こともあるみたいです。
最近では、消費者金融の金利も少しずつ低く(安く)なってきていますので、低い(安い)金利の消費者金融を探すのであれば大手の消費者金融(プロミス,モビットなど)をおすすめします。30日間であれば無金利で借りられるサービスもありますので、低い(安い)金利だけでなくそれぞれの金融会社のサービスを活用するのも賢い借り方です。

 

金利の算出計算

 

借入残高×実質年率(金利)÷365日×返済期日までの利用日数
※うるう年の場合、年366日に日割り計算になります。

 

例) 10万円を30日間利用した場合の利息は、1,479円になります。(実質年率(金利)18.0%)

 

◆結婚式や出産・入院などの急な出費には即日融資可能な消費者金融がおすすめ!
結婚式や出産・入院などの急な出費にはやはり即日融資可能な消費者金融がおすすめです。キャッシングには、消費者金融以外にも銀行系もありますが、銀行系のキャッシングも最近では即日融資可能となっている所もありますが、色々と必要な条件などがありどうしても数日〜2週間位の期日が必要になるみたいです。

 

それに対して、消費者金融会社は即日対応している会社が多くあり、大体が14:00位までに振込み手続きが完了が必須となりますが、申込みはスマートフォン・パソコン・タブレット・携帯から出来る手軽さがいいですよね。
通常ですと、午前中に申込みを完了すれば、審査が通過しだい午後には指定口座の方にお金が振り込まれます。

 

金利の安さは消費者金融よりも銀行の方が低いですが、即日対応やスピードではやはりまだ消費者金融のほうがよいみたいですし、返済も早めに返済できるのであれば30日間無利息などを取り扱っている会社もありますので、急な出費には消費者金融がおすすめです!

 

一つ気をつけないといけない事は、消費者金融で借入する手軽さからつい無計画に借りてしまって返済する額がどんどん増えていき、ご利用限度額いっぱいに借りた結果、返済がかなり負担になってしまう可能性があります。そうならないよう防ぐためのも、ネットでキャッシング・カードローンを利用する前に、無料サイトや各消費者金融などのホームページを利用し返済シミレーションしてどれ位の金額なら返済できるのかを確認することです。

 

◆消費者金融から借入を受けるために費用な書類

 

【本人確認書類】
運転免許証
保険証
パスポート
住基カード
外国人登録証明書
在留カード
特別永住者証明書
※借入の申し込みする本人の基本的な情報をまとめている書類

 

【収入証明書】
源泉徴収票
所得証明書
給料支払い明細書
住民税決定通知書
※借入の際に返済する能力があるかどうかを証明するために必要

 

◆審査に失敗しない方法はありますか?

 

必ず通るということは絶対ありませんが、失敗しなように気をつけるポイントはあります。

 

・自分の年収を偽って多めに記載しない。
なんとかして審査に通過したい為に年収を多く書いてしまいがちですが、消費者金融などのキャシングの会社は膨大な情報を持っていますので、借入する人の年収を割り出す事が出来バレてしまいます。バレますともちろん審査には落ちてしまいますので、最初から偽りなく本当の年収を正直に書く事が重要です。

 

・初めてする借入の限度額を必要以上に高く設定しない。
必要以上に高く設定すればするほど、その人の返済能力を重視して審査はより厳しくなります。

 

・勤続年数が最低でも1年以上であること
絶対1年以上でないと審査に通過しないかといいますとそうでもありませんが、やはり消費者金融などの会社は返済能力を重視しますので、その人の安定した収入という点から1年以上働いてから申込むのが安全だと思います。

 

◆バーゲンで安い商品を買いたいけど給料日前…給料日返済が可能だけどどこかいい所ない?
給料日前だとなかなかまとまった手持ち金はありませんよね?でも、バーゲンで前から狙ってた商品が半額などの安い金額になっていたら欲しい!バーゲンは本当にお得がいっぱいで、これも安いあれも安い欲しかったものも安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安い!安いがいっぱいですよね!!そこで、消費者金融の借入日から返済日が30日間であれば金利が無しという消費者金融会社のサービスもありますのでおすすめです。